インナーチャイルドとアダルトチルドレン

インナーチャイルドとアダルトチルドレン。なんとなく似ている事から同じものだと勘違いされやすいですが、具体的にはどういうものかその違いを説明していきたいと思います。

インナーチャイルドとアダルトチルドレン(つづき)

まず、「アダルトチルドレン」の語源ですが1977年アメリカにおいてアルコール依存症ソシアルワーカーであったクラウディア・ブラックによるグループワークの際に「アルコール依存症の親の元で育った成人」にある種の共通性があるということで使われた言葉です。

1、ACOA(アダルトチルドレン・オブ・アルホリックス)
2、ACOD(アダルトチルドレン・ディスファンクショナル・ファミリー)

という主に2つに分けられます。現在ではACODもACOAもまとめてACと総称されることが多いようです。

このようにアダルトチルドレンとは「アルコール依存症の家族の中で子供時代を過ごした大人」と、「機能不全家族の中で子供時代を過ごした大人」の事を指しています。

アダルトチルドレンイメージ

アダルトチルドレンの特徴としては次のようなものが挙げられます。

1、ありのままの自分を受け入れられず常に自己否定感がつきまとう。
2、周囲の期待に応えようと常に行動してきたため、自分の欲求がわからない。
3、本当の自分を主張できない。

またその虚無感をを埋める為に、これらの人たちが陥りやすいものに、「アルコール依存症」、「セックス依存症」、「薬物依存症」、「買い物依存症」、「仕事依存症」など、ある特定の物事に没頭して行動し、それが自分にとって不利益な行動でもそれを習慣化する傾向にあることがわかっています。

これに対して、インナーチャイルドとは「内なる子供」の事を指し、これは子供時代に感じた感情、記憶のことです。インナーチャイルドには3つの側面があるのですが、そのうち皆さんにもよく知られているものが「傷ついたインナーチャイルド」ではないでしょうか。

この傷ついたインナーチャイルドというのは、誰の心の中にもあるものです。普段の日常生活ではなかなか気付きにくいものですが、このアダルトチルドレンにみられる傾向と若干似通っている性質があると思います。人生に満足できない、虚無感、不安感、自分を信頼することができないなど。。。

アダルトチルドレンも幼少期時代に傷ついた内なる子供がいます。どちらにも必要なのはまず傷ついている自分がいることに気付き、それを認めるということ。幼少期の環境によって抑えなければならなかった感情。満たされなかった自分。子供らしくいることを許されなかった自分。自分の心としっかり向き合い、ひとつひとつ開放して癒してあげることです。

それは環境があなたをそうさせただけで、本当のあなたはもっと輝いて自分の素質を活かすことができます。そのステップは時に苦しいかもしれません。でも、それを乗り越えたときに、必ず輝いたあなたがいます。必ず傷は癒されます。


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy